妊娠線になりやすい人

最近、気にする人が増えてきていると言われている妊娠線ですが、妊娠線とは一体どのようなものでしょうか?妊娠線とは妊娠した際にお腹が大きくなった女性や急激に体重が増えた女性に現れるものです。皮膚が伸びてしまい亀裂が入ってしまった線を言うのですが、この妊娠線は一度ついてしまうと完全には消えず、時間経過とケアで少し薄くなる程度のものなので、気にしている人が多いのです。ではこの妊娠線とは一体どのような人がなりやすいのでしょうか?

実は、妊娠線になりやすい体質の人となりにくい人がいるのです。妊娠線が出来やすい人の特徴はまず、急激に10kg以上、体重が増加した人。特に、小柄で痩せている人などが急に太ってしまうと皮膚が伸びてしまい、妊娠線が出来てしまいます。次に多胎妊娠をした人。一人以上の赤ちゃんがお腹の中にいる人は、当然お腹も大きくなり皮膚が伸びてしまうので妊娠線が出やすいのです。そして、妊娠線とはあまり関係なさそうですがアトピー体質の人も妊娠線が出やすいと言われています。妊娠線が出来やすい人、できにくい人、それぞれ差はありますが、きちんと妊娠線予防に気を使って、ケア用のクリームを塗るなどすれば妊娠線は防げますのでご安心ください。