妊娠線の予防

体重の増加で誰にでも現れる妊娠線。さまざまな線の出方が特徴的で、胸の下あたりからおへその下まで、まっすぐに一本の線が走るものや、足にまるで模様のように出てしまうもの、お腹に数本にもわたって出てしまうもの、と形態はさまざまですが、どの妊娠線も、出来てしまった人にとっては悩みの種でしかありません。この妊娠線は急激に体重が増えてしまった人や、主に妊娠した女性に出来るものなのですが、メカニズムを知っていれば予防できるということをご存知でしょうか?

実は、妊娠線は予防できるものなのです。一度出来てしまうと完全には消えないので予防できるのならそれに越したことはありません。予防法としてまず最初に言えることは、適度な運動を続ける事で脂肪がつきにくい体を作ることです。体重を管理する事で急激に太るリスクを避けることが出来ます。体重を増やさなければならない人も、ゆっくりと体重を増やすことを心がけましょう。そして一番大切な予防は実は保湿を怠らないことです。肌に水分を蓄えて、肌を柔らかくすることで亀裂の入りづらい肌にするのです。最近では妊娠線ケア用のクリームなどが売られています。日頃から気をつけることで妊娠線は十分防ぐことが出来ます。