妊娠線の予防

体重の増加で誰にでも現れる妊娠線。さまざまな線の出方が特徴的で、胸の下あたりからおへその下まで、まっすぐに一本の線が走るものや、足にまるで模様のように出てしまうもの、お腹に数本にもわたって出てしまうもの、と形態はさまざまですが、どの妊娠線も、出来てしまった人にとっては悩みの種でしかありません。この妊娠線は急激に体重が増えてしまった人や、主に妊娠した女性に出来るものなのですが、メカニズムを知っていれば予防できるということをご存知でしょうか?

実は、妊娠線は予防できるものなのです。一度出来てしまうと完全には消えないので予防できるのならそれに越したことはありません。予防法としてまず最初に言えることは、適度な運動を続ける事で脂肪がつきにくい体を作ることです。体重を管理する事で急激に太るリスクを避けることが出来ます。体重を増やさなければならない人も、ゆっくりと体重を増やすことを心がけましょう。そして一番大切な予防は実は保湿を怠らないことです。肌に水分を蓄えて、肌を柔らかくすることで亀裂の入りづらい肌にするのです。最近では妊娠線ケア用のクリームなどが売られています。日頃から気をつけることで妊娠線は十分防ぐことが出来ます。

妊娠線になりやすい人

最近、気にする人が増えてきていると言われている妊娠線ですが、妊娠線とは一体どのようなものでしょうか?妊娠線とは妊娠した際にお腹が大きくなった女性や急激に体重が増えた女性に現れるものです。皮膚が伸びてしまい亀裂が入ってしまった線を言うのですが、この妊娠線は一度ついてしまうと完全には消えず、時間経過とケアで少し薄くなる程度のものなので、気にしている人が多いのです。ではこの妊娠線とは一体どのような人がなりやすいのでしょうか?

実は、妊娠線になりやすい体質の人となりにくい人がいるのです。妊娠線が出来やすい人の特徴はまず、急激に10kg以上、体重が増加した人。特に、小柄で痩せている人などが急に太ってしまうと皮膚が伸びてしまい、妊娠線が出来てしまいます。次に多胎妊娠をした人。一人以上の赤ちゃんがお腹の中にいる人は、当然お腹も大きくなり皮膚が伸びてしまうので妊娠線が出やすいのです。そして、妊娠線とはあまり関係なさそうですがアトピー体質の人も妊娠線が出やすいと言われています。妊娠線が出来やすい人、できにくい人、それぞれ差はありますが、きちんと妊娠線予防に気を使って、ケア用のクリームを塗るなどすれば妊娠線は防げますのでご安心ください。

妊娠線とは?

ダイエットや美容に興味のある女性なら、妊娠線という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。妊娠線とは、その名の通り妊娠した女性に出来ることが多い線の事ですが、妊娠していないのにこの妊娠線が出来た、という女性がいる事もあるのが真実です。では、どうして妊娠しても、妊娠していなくても妊娠線は出来るのでしょうか?

妊娠線の仕組みは、急激にお腹が大きくなる事で皮膚が伸びきってしまい、亀裂が入ってしまった状態を言うのです。妊娠して皮膚の下にある脂肪が急激に大きくなったり、急激に太ってしまった場合に出来るケースが多く、このため、妊娠していないにもかかわらず妊娠線に悩む人が多く居るのです。この妊娠線にも種類があり、人によって出来る場所や本数にもばらつきがあります。お腹の真ん中に一本の線が入る人もいれば、数本現れる人もいますし、ひび割れのようになる人も、バストや太もも、二の腕に出来る人もいるのです。

この妊娠線は中々厄介なもので努力次第や時間経過で薄くはなりますが、一度出来てしまうと完全に消える事はありません。特に妊娠線の出やすい人のタイプや特徴としては、もともととても痩せている人が急激に太ってしまったり、妊娠した人や、肌の弱い人などがあげられます。肌の弱い人というのは、柔らかく皮膚が伸びやすく断裂が出来やすいので特に注意が必要です。この妊娠線は予防する方法もあり、きちんと注意することで妊娠線を防ぐ事もできます。